サッカー観戦おすすめグッズ22選!スタジアムへはこれを持っていこう!

生のサッカー観戦の魅力はたくさんあります。

  • 目の前で起こるスーパーゴールやビッグセーブ
  • 聞こえてくる選手同士の声かけや激しい息遣い
  • いい匂いで食欲を誘うスタジアムグルメ

早く現地観戦がしたい!

しかし、サッカー観戦は基本的に屋外のスタジアムのため夏は暑いし、秋・冬・春先は寒いです。

たまに荷物が極端に少ない人を見かけると

サカスタ
サカスタ

その用意の少なさで快適に観戦できるの?

と感じてしまいます。

今回は私が実際に観戦を重ねてきた中で、「これはあると観戦に役立つ!」と感じたものをご紹介します!

目次

いつも持って行きたいもの編

リュックサック

タイトルに20選とあるようにこれから紹介するグッズはそれなりの量になります。

それらのほとんどを持ち運ぶにはリュックサックが最適です。

  • 両手が空く
  • 荷物の重さを感じにくい
  • 座席に着く前にスタジアムフードを買っても大丈夫

などリュックはメリットが多いです。

トートバックも試してみたものの、荷物が取り出しやすいメリットがありますが肩にかけたと時片側だけ重かったり左右移動させたりするのが不便だったので不採用としました。

軽くて20リットルほどの容量があれば好みのもので十分です。

折りたたみ座布団

基本的にスタジアムのイスはこんな感じなので、座面は固いですし冬場は冷たいです。

スタジアムのベンチの画像です。硬くて冷たいイメージです。

観戦中ははおよそ1時間半以上座りっぱなしですから折りたたみ座布団があるとないでは快適度が全然違います。

値段も安価なものが多く、ダイソーなどの100均でも購入可能です。

400〜500円のものも100円のものも使いましたが、どちらも大差ないのでデザインで選んでも良いと思います。

余裕のある方は2000円ほどする高価なものを選ぶとさらに効果が実感できるのではないでしょうか。

メインで使っています。サブはダイソーのもの。

帽子

暑さ対策に有効な帽子ですが、日が早く落ちる冬場の日差し対策にもなります。

また小雨程度なら帽子だけで雨を凌ぐことも可能です。

個人的にはサファリハットのようにつばが前面についているものがおすすめです。

日差しを遮る範囲が広いですし、必要のない時は小さくして収納できます。

サカスタ
サカスタ

私は頭の大きさ的にもサファリハットがベストです!

私は頭の大きさ的にもサファリハットが快適です。

水筒

日常生活でもこまめな水分補給は大切です。

男性A
男性A

ペットボトルでいいんじゃないの?

と思う方も多いかもしれませんが、おすすめは水筒です。

  • 代表戦などではペットボトルのキャップを外して入場しなければならないが水筒は大丈夫。
  • 長時間、適温をキープできる。
  • ペットボトルはゴミになってしまい、スタジアムのゴミ処理も大変。
  • 環境にも良くない。

水筒は仕事や学校でも使えますし、お気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょう。

大きめ750ml。私はこれのカーキ色を使っています。

双眼鏡

2階席は値段もリーズナブルで試合全体が見えるのでよくチケットを購入する座席なのですが、選手の様子が細かくわからないのが残念なところです。

サカスタ
サカスタ

そこで活躍するのが双眼鏡です。

望遠性能にもよりますが、試合にでている選手だけでなくベンチにいるサブ組や監督の表情も見ることができます。

交代直前の選手が監督やコーチから指示を受けている様子を見るのもスタジアム観戦ならではです。

小さめのスタジアムだとベンチ入りしていない選手がメインスタンドにいたりするので、バックスタンドからその選手たちもたまに見ています。

チケットホルダー

最近は電子チケットも普及していますが、まだまだ紙のチケットも販売されています。

チームによっては特別なデザインがされたチケットもありますし、試合観戦の記念としても紙チケットの魅力も多いです。

スタジアムでは座席を一度離れてまた戻る時にチケットの提示を求められる時があります。

財布やポケットに入れておいてもいいですが、いちいち出すのは面倒なためチケットホルダーがあるとおすすめです。

首から下げるタイプが便利です。

サカスタ
サカスタ

観戦チケットは記念にノートに貼っています!

選手名鑑

自分がメインで応援しているチームの選手は把握していても、対戦相手の選手はリーグを代表する選手でないとなかなかわからないものです。

観戦を重ねていくとたくさんの選手を見ることができますし、ふとしたプレーから「あの選手すごいな!」と感じることもあります。

そんな時に選手名鑑を持っていれば、その選手の基本情報すぐに知ることができます。

スマホで調べればいいのでは?と言われれば確かにそうなのですが

辞書的な意味合いとして持っていると役立ちます。

スタジアムに持っていくならハンディタイプがいいですね。

私は自宅用に大きいもの、スタジアム用に小さいものを買っています。

雨具

屋外での観戦は天気が悪い場合もあります。

雨の日は晴れの日には起こらないプレーやミスから試合が動くので、普段とは違った面白さがあるものです。

サカスタ
サカスタ

でも、90分間雨に打たれ続けるのは正直しんどいです。

最低限カッパやポンチョは用意しておきたいところ。

小雨程度ならマウンテンパーカーでも凌げると思います。

私は車でスタジアムに行くことがほとんどなので、晴れている場合は車に置いていってしまいます。

スタジアムまでの徒歩移動は折りたたみ傘があると荷物も小さくなりおすすめです。

※傘での観戦は他の方の迷惑になるのでやめましょう。

大きめのものがおすすめです。
ノースフェイスなどは高価なので、コスパの良いモンベルを使っています。収納袋に小さくまとまるのもポイントです!
軽くて大きいものを選びたいですね。普段使いもできます。

ゴミ袋

レジ袋の有料化が進み、エコバックを持ち歩く人が増えましたね。

普段の買い物ならエコバック良いのですが、スタジアムフードなどは食べ終えたゴミをそのままビニール袋に入れて捨てる方が楽ですよね。

サカスタ
サカスタ

そのためにもゴミ袋を用意しておくことをおすすめします。

私は小さいものと大きいもの(30リットル)を常備しています。

大きい方は雨が降った時に濡らしたくないバックや荷物などを入れる時に使います。

100均で購入しておきましょう。

夏に持って行きたいもの編

夏のテーマは暑さ対策です。

夏は選手もサポーターも日差しにさらされるため熱中症による体調不良が考えられます。

十分な水分をとりましょう。

モバイル(ハンディ)扇風機

ここ数年で色々な種類が販売されるようになったモバイル扇風機。

持ち運びのしやすさと風量はトレードオフですが、ハンディタイプや首掛けタイプなど好みに合わせてご用意ください。

私は無印良品のハンディタイプを使用してます。小型なのが購入の決め手でした。

首かけタイプは両手が空くので少し気になっています。

これとデザインの似た無印のものを使っています。実際に風量を確認してから購入することをお勧めします。

アイシングシート

熱中症対策としてアイシングシートも効果的です!

薄くて持ち運びの邪魔にもなりませんし、ゴミになってもかさばったりしません。

見た目が悪くなってしまうので女性には向かないかと思いますが、体調管理の予防策として用意しておくと良いと思います。

日焼け止め

熱中症と同じくらい心配なのが日焼けです。

日焼けは最悪皮膚がんにもつながりかねませんから、女性はもちろんのこと男性も気をつけておかなければならないポイントです。

肌の強い・弱いで個人差がありますので、ご自身の肌にあったものをご準備ください。

肌が弱い方は皮膚科で相談するのもいいですね。

サカスタ
サカスタ

私は激弱です。

サングラス

夏の日差し対策です。

秋頃になると日が落ちるのが早くなり試合中に西日が眩しい時もありますし、持っていて損はないでしょう。

サカスタ
サカスタ

私は致命的にサングラスが似合わないため、自分に似合うものを常に探しています。

サングラスといえばレイバンやオークリーが有名ですが、gooderのサングラスもデザインがかっこよく値段も安いので注目しています。

【公式】goodr | グダー
【OGs】A Ginger’s Soul goodr(グダー)ランニング サングラス トレイルランニングやマラソン、ラン、バイク、登山などあらゆるスポーツに最適な、ズレないサングラス公式通販

秋〜春先に持って行きたいもの編

この季節のテーマは寒さ対策です。

個人的には暑さよりも寒さの方がきついのですが皆さんはいかがですか?

冬は服装も含めて荷物が多くなりがちです。なるべくコンパクトにいきたいですね。

サカスタ
サカスタ

ちなみに海が近い場所にあるスタジアムは特に風が冷たいので要注意です。

ブランケット

膝掛けにして足元を守ったり、肩から羽織って体全体を温めたりと用途の幅が広いブランケット。

寒い冬のマストアイテムです。

  1. 保温性があり
  2. コンパクトにまとまり(なるべく薄め)
  3. それなりに大きいもの

が良いと思います。

マフラー・ネックウォーマー

なければないで耐えられるけど、一度つけると外せないマフラー。

チームのエンブレムを首元に大きく見せる巻き方をすると気分も上がりますね!

https://item.rakuten.co.jp/mundial/10002273/

手袋

何かと冷えてしまうのが手先・足先です。

ポケットに入れておけばとも思いますが、物を出し入れするたびに手が冷えてしまします。

コロナで声が出せない今、応援の手段は手拍子がメインです。

手袋をすると音がなかなか出ないのが難点ですが、気持ちを表現して選手に届けましょう!

サカスタ
サカスタ

100均のものが肌触りが良くてびっくりしました。

スノーブーツ・モックシューズ

最近導入したのがモックシューズです。

足先の冷えは感覚がなくなってしまうので逆に気にならないと思っていたのですが、やはり対策はするべきです。

厚手の靴下と組み合わせると効果的。

私はワークマンの靴を使っていますが、足首まで覆ってくれるタイプのものを買えばよかったかなと感じました。

https://workman.jp/shop/g/g2300056373058/

カイロ

家族のアドバイスでカイロを使い始めました。

今までなぜ使わなかったのかと感じるくらい手放せません。

先に挙げた手袋や靴と合わせるとさらに効果があります。

サカスタ
サカスタ

今は靴の中に入れるカイロや充電式のカイロがあるんですね。

インナー

つい外側にどんどん重ね着していまいますが、一番下に着るインナーも超重要です。

最も有名なのはユニクロのヒートテックですよね。

インナー、タイツ、靴下、全てヒートテックで揃えられます。

サカスタ
サカスタ

定期的にセールも実施していますし、購入のタイミングを逃さないようにしたいですね!

https://www.uniqlo.com/jp/ja/search?q=ヒートテック

あるといいかも編

ここからは個人的に絶対必要ではないけれど、あると嬉しい、あるとテンションが上がるものを紹介します。

応援するチームのグッズ

人によっては絶対という人もいるでしょうが、快適に過ごすという点では絶対ではありません。

むしろ寒い冬場にユニフォームを着るとなると、アウターを着るのが難しくなります。

それでもチームのグッズを身につけるのは、選手と一緒に戦いたいからですよね。

私もチームのグッズはたくさん買いますし、基本的に身につけるようにしています。

観戦に慣れてきて応援したいチームが決まったら、たくさんのグッズを身につけてスタジアムに行きましょう!

サカスタ
サカスタ

一体感を感じられるはずです。

食べ物

水分と違って食べ物は最悪我慢してもなんとかなります。

スタジアムフードを現地で購入して楽しむのもいいと思います。

しかし、毎回のスタジアム観戦となるとなかなか大きな出費になってしまいます。

サカスタ
サカスタ

先日の日本代表戦では売店の食べ物を購入しましたが、正直言っておいしくなかったです。

食べ物の持ち込みは禁止ではないので、自分の食べたい物を持ち込むのはありだと思います。

これから試してみたい編

ここまでは基本的に私の経験をもとにお話してきましたが、ここではこれから試してみたいものをご紹介します。

荷物を入れておくためのかご

コロナ禍で1席間隔を開けて座る観戦が続いていました。

それによってゆったりと見ることができたり、空いた席に荷物を置いたりできてこれはこれでありだなと感じていました。

しかし、2022年からは収容率100%での試合観戦がメインとなりそうです。

そうなった時にやっぱり荷物は膝上か座席下に置かなければなりません。

荷物が汚れないようにするために座席下に置けるかごやシートのようなものを探しています。

イメージはこんな感じです。

まとめ

以上、22種類をご紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか。

やっぱりスポーツは生で観戦するのが一番です。

サカスタ
サカスタ

皆さんの観戦が少しでも楽しく快適になればと思っております。

最後までお読みくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「知識を増やして、サッカーを楽しむ」をコンセプトに、サッカーに関する本や雑誌、記事についてまとめていきます。

Jリーグも海外サッカーも楽しみましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次